除毛時のアフターケア 赤みが出たときは? アトピーの人は使用不可?

除毛時のアフターケア 赤みが出たときは? アトピーの人は使用不可?

除毛時のアフターケア 赤みが出たときは? アトピーの人は使用不可?

肌が赤くなるということは、除毛クリームがあなたの自身のお肌にあっていない可能性もありますし、何よりダメージをかなり受けている証拠なのであまり連続して使用することは避けてください。
できれば、安全のためにこれ以上の塗布は避けてもらいたいところです。

 

これって、カミソリを使って剃っているときにもたまになりますよね。いわゆるカミソリ負けというやつですが、力を入れずにサクッとやると赤くなりませんが、何度も何度も同じ箇所の毛が気になってしまい、ムキになって繰り返し押し付けていると真っ赤になりますね。

 

同じように、除毛剤によって肌を傷つけていることになりますので、できるだけ使用をやめましょう。

 

アトピーの人は?

 

アトピーを持っていたり、肌が敏感な人には残念ですが、除毛クリームを使った毛処理の方法は向きません。また、かゆみも帯びてきた場合は絶対に使わないようにしましょう。

 

そもそも「かゆみ」というのは、微弱なレベルで肌に痛みを感じていることを言います。かゆいところをかくと、余計にかゆくなるのは、もう一度強い力でかくことによって肌細胞を傷つけているからなんですね。

 

もし、実際に除毛クリームなどを用いて赤みを帯びたり、かゆみを感じてしまった場合には、
冷たい水などを使って患部を冷やすようにしましょう。

 

冷たい水にはお肌を引き締める効果もありますし、痛みを和らげる力もあります。
しばらく冷水に当てたりして、心身ともに落ち着かせるようにしてください。

 

また、問題に応じては病院の皮膚科などに通うことをオススメします。

除毛・脱毛・永久脱毛 この3つの違いとは?

除毛とは何か?

特定の肌の上に聳えるムダな体毛を除去すること。一般的には除毛クリームなどを用いて毛を溶かしたりする行為を言う。毛そのものを引っ張ったり、肌の上にカミソリを滑らせないので便利だし物理的なダメージは低そうにみえる。

 

除毛関連商品: @除毛剤 A除毛クリーム(脱毛クリーム)

 

脱毛って何?

脱毛は除毛とは違い、体毛を薄くさせる効果があるものを言います。
家庭用脱毛器や一般エステで行われている脱毛コースなどの施術がそれに当たります。

 

繰り返して脱毛をすることによって、もともと毛の量が多かった人も薄くなる効果を得ることもできるし、
中にはムダ毛が生えなくなってくる人もいるみたいです。

 

脱毛関連: @脱毛エステ A家庭用脱毛器

 

永久脱毛とは

 

除毛や脱毛とは違い、半永久的にあるいは永久的に毛の再生を止めるための施術です。
そのために、国に認められた医師免許を持っている人が、専用の病院などの機関でのみ永久脱毛の施術が許可されています。

 

除毛とは違って確実にムダ毛を撃退することができるし、脱毛とも違っていて、毛が薄くなっていくスピードが速いし、永久脱毛の効果まであります。

 

何度も施術を受けるために通うのが面倒な人で、多少の金銭を支払っても構わないという場合には、お近くの美容整形外科や病院の皮膚科などで脱毛の施術を受けてみてはどうでしょう。

 

ちなみに、永久脱毛については全ての病院で行っているわけではありません。
特定のところだけですので、お気をつけください。

 

永久脱毛ができるところ: @美容整形外科 A脱毛クリニック


ホーム RSS購読 サイトマップ